スムージーに適さないミキサー

スムージーに適さないミキサー

グリーンスムージー

 

最近スムージー関連の広告などで、「これは無理でしょう」というようなミキサーが
グリーンスムージー作りに推奨されたりしています。

 

そしてミキサーの口コミ・レビュー欄には、全く使い物にならない、とか
買ってすぐに壊れた等の書き込みがあり、☆1つなどの最低評価が
付けられていたりします。

 

ですがこの場合、ミキサーのメーカーが悪いわけでは無い場合がほとんどで、
ショップの広告がまずい場合が多いです。

 

先に書いてしまいますと、たぶんこういったお店の方は、一度もスムージーを
作ったことが無い状態で、想像して広告文を書いているのだと思います。
別にお店批判をしようというのではありません。

 

でも明らかに非力で小型のミキサーで「あなたもグリーンスムージを!」
なんて普通に書かれています。
ヒドイところになるとハンドブレンダーで「流行りのスムージー作ろう!」なんて
コピーが・・・  ですがどうやってもハンドブレンダーでスムージーは作れません。
フードプロセッサーも同じですね。

 

グリーンスムージを作るには、相応のパワーと大きさ、耐久性がある
ミキサー(英語でブレンダー)が必ず必要になるのです。

 

ハンドブレンダーでスムージー

 

では具体的にどんなミキサーではダメなのか?後悔するのか?について
解説します。

 

まず先ほど名前を挙げた「ハンドブレンダー」。
ハンドブレンダーとは、片手で扱えるような手軽な調理器具です。
調理には私も使っていますが、非常に便利です。
私はブラウンのハンドブレンダーを使っていますが、ほぼ毎日使います。
これがあると、お料理の時間がかなり短縮できてオススメです。
さらに使い道も非常に多いです。

 

詳細は↓

 

 

 

ですが、↑の口コミを読んでいただくとわかりますが、ハンドブレンダーで
スムージーが作れると思って購入すると、この素晴らしい製品でも
評価は☆1つになってしまいます。
私ならブラウン・ハンドブレンダーの評価は☆5つです!

 

しつこいようですが、ハンドブレンダーではスムージーは作れません。
特にグリーンスムージーは絶対に無理です。

 

ハンドブレンダーは少量の食材を扱うのには非常に適していますが、
グリーンスムージーでは「大量の大きな葉野菜」、「果物が丸ごと2個3個」は使います。
これを小さなハンドブレンダーで、スムージー状になんて、ちょっと無理がありますよね。

 

 

小型ミキサーでスムージー

 

小型のミキサー、例えば「レコルト・ソロブレンダー」、「ツインバード・コンパクトミキサー」。
これらは2千円程度で買える非常に安価なミキサーです。

 

安くて小回りが利いて、ちょっとした野菜シュースやフルーツジュースを作るには
最適だと思います。 水を入れないといけないと思いますので100%ジュースは
無理でも、健康的なジュースは作れるでしょう。

 

ですがこちらもグリーンスムージーは無理です。
まず容器が500mlサイズでは小さすぎます。 これに葉野菜や果物を入れようとすると、
コンテナが超満タンになってしまい、刃が空転してしまうでしょう。
確かにほんの少量ずつ長時間かければ、スムージーが出来るかもしれませんが、
材料を相当細かく切って、10回以上に分けて投入することになるでしょう。
それは時間の無駄ですよね。

 

それならあと2〜3千円プラスしてテスコムメタルラインをおすすめします。

 

こちらから=TESCOM MetalLine ジュースミキサー TM8100

 

 

 

 

page top